居抜き物件で飲食店を開業するメリットとデメリット

居抜き物件で飲食店を開業するメリットとデメリット

居抜き物件で飲食店を開業するメリットは、厨房や空調などの設備をそのまま引き継げるので、初期投資が大幅に抑えられることです。
椅子やテーブル、中には食器に至るまで残っていることもあり、内装を多少変える程度の改装なら工事期間が短くて済むので、開店までの日数が大幅に短縮できるというメリットもあります。
前のお店と同じような業種・業態で開業する場合は、水道、ガス、電気などを開栓し、看板を交換して即開店することも可能です。

 

一方で、最近では飲食店も内装や雰囲気づくりこだわる傾向があり、また、飲食店の居抜き物件では厨房設備やトイレといった水回りの設備の関係で、レイアウトを大きく変えることが難しいので、イメージに合う物件を見つけることは簡単ではありません。
使う予定のない椅子やテーブルが残っていた場合は、処分費用も必要になります。イメージに合った物件が見つかっても、設備が老朽化していて、新しい物と交換する必要があったり、業種や業態を変える場合は、新たに買い足すものがあったりして、結果的には通常の開店と同じくらい費用がかさんでしまうことも考えられます。
電気やガスが必要な容量を満たしているかも当然チェックが必要です。
最も気になる点は、前のお店がどうして閉店することになったのかということです。中には、これまでに何度もいろんな飲食店が出店・退店をしてきたという物件もあるので、事前に十分な調査が必要であることは言うまでもありません。
イメージ通りの居抜き物件であっても、以前のお店が撤退したのは立地によるものなのか、それとも経営方法に問題があったのか、よく調べずに決めてしまうと、同じ轍を踏むことにもなりかねません。
また、以前の店舗の評判が悪かったような場合は、新しく開店したお店にもその悪いイメージが付きまとう恐れもあります。一方で、退店の理由がはっきりとしている場合は、その失敗から学んで、新しいお店の運営に活かすことができます。全く違った業態のお店を出して成功させるという楽しみも出てきます。
居抜き物件を利用しての飲食店の開店は、目先のコストにとらわれず、長い目で見て考える必要があります。